IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ウイングアーク1st株式会社

レポート

ウイングアーク1st株式会社

調査で見えたDXの課題と解決法、「2025年の崖」の回避にRPAが果たす役割は

経済産業省が警鐘を鳴らす2025年の崖を回避するには、複雑かつブラックボックス化したレガシーシステムの課題を克服する必要がある。解決法となり得るのがRPAだが、その認知度と効果に比べ、活用に出遅れている企業もいるのが現実だ。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/11 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 12ページ ファイルサイズ 4.21MB
要約
 経済産業省が公開したレポートの中で警鐘を鳴らしている「2025年の崖」を回避するためには、ITを戦略的に活用しながら働き方改革を推し進め、業務効率や生産性を向上させる必要があることは、多くの企業で共通認識となっている。しかし、複雑かつブラックボックス化したレガシーシステムが、このDXの実現に向けた取り組みの阻害要因となっている。

 実際、ある調査によると半数近い企業がメインフレームを使用しており、サイロ化した社内システム間、あるいは最新ITシステムとのデータ連携に苦慮しているという現実がある。こうしたレガシーシステム固有の課題を解決する方法として有効なRPAだが、その認知度は高いものの、活用は未定という企業も一定数存在している。

 本コンテンツでは、従業員1000人以上の国内企業で働く、ITシステム部門担当者に対して実施された、IT活用についてのアンケート調査の結果をレポートとしてまとめている。企業の具体的な取り組みをはじめ、RPAによるシステム間データ統合や業務効率化の進み具合、経営課題克服にITが果たす役割などが見えてくる内容になっている。