IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本電気株式会社

製品資料

日本電気株式会社

メール送受信における安全性と生産性を向上、「脱PPAP」を実現する方法とは?

PPAPは情報漏えいやマルウェア感染のリスクが高いだけでなく、受信者側にとっては業務効率が下がるという問題もある。脱PPAPを実現するためには、受信者側に実ファイルを残さないメール送信手法が必要だ。その具体策を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/05 フォーマット URL 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ -
要約
 パスワード付きZIPファイルと解凍パスワードをメールで別送する手法(PPAP)は、送信者側からすれば手軽だが、情報漏えいやマルウェア感染のリスクが高いのも事実だ。また、受信者側は別送されたパスワードを都度探して入力する必要があり、業務効率が下がるという問題もある。

 この状況を改善するためには、受信者側に実ファイルを残さずメールを送信する必要がある。その有効策となるのが、クラウドストレージである「Box」の活用だ。本資料で紹介するメールセキュリティ対策製品は、Boxを組み合わせることでメール送受信における安全性と生産性を向上させる。具体的には、受信時に添付ファイルを自動でメールから切り離してウイルス検査を実施。その後、プレビューのみ可能な形でBoxに格納し、共有リンクのURLをメールに記載して配信する。

 またパスワードを解除して受信するため、閲覧時にパスワードを探す手間もなくなる他、送信時は自己/第三者承認を行うことで宛先や内容の間違いも防止できる。これを活用すれば、脱PPAPをユーザーに負担をかけることなく実現できるはずだ。