IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

リコージャパン株式会社

製品資料

リコージャパン株式会社

どんなシーンで利用できる? 9つの業種・業務別に見るチャットbotの活用法

昨今のチャットbotの普及を受け、新規で導入を検討している企業は多いことだろう。一方で、「具体的な利用シーンがイメージできない」という声も聞かれる。そんな企業に向けて、9つの業種・業務別にチャットbotの活用方法を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2022/01/05 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.42MB
要約
 問い合わせ対応の効率化や顧客満足度の向上に有効だとして、昨今ではさまざまな業種・業務でチャットbotの導入が進んでいる。この流れに乗り、新規で導入を検討している企業は、あらかじめ具体的な利用シーンや活用方法を理解しておきたいところだ。

 例えば大学では、入学試験などの問い合わせ対応にチャットbotを活用することで、24時間、迅速な回答が可能になる他、入学希望者の情報収集を円滑化したり、工数の削減につなげたりできる。また金融機関では、問い合わせの一次窓口はもちろん、口座情報の照会などの接客業務にも活用可能だ。実際、ある銀行では過去1週間分の取引明細を最大5件まで表示する機能を実装したという。

 さらに自治体では、住民への情報発信や問い合わせの外国語対応に役立てているケースもある。本コンテンツではこの他にも、不動産、介護施設、総務、採用、生産管理、医療事務における、チャットbotの活用方法を紹介する。併せて、誰でも・すぐに・簡単に自動回答サービスを運用できるチャットbotツールも紹介しているので、参考にしてほしい。