IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ヴイエムウェア株式会社

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

Kubernetes運用がどれだけ楽になる? 「vSphere with Tanzu」入門ガイド

コンテナのためにKubernetes環境を導入したものの、仮想化環境との違いや、混合環境を運用する手間に苦慮している組織が散見される。そこで注目したいのが、使い慣れたvSphere環境のままKubernetes環境も運用できるソリューションだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 656KB
要約
 コンテナは、アプリケーション開発を非常に便利にするが、従来の仮想化環境と似て非なるものだ。このため、従来のIT環境と、Kubernetesのようなコンテナ運用環境のギャップに頭を悩ませるIT管理者が少なくない。

 理想は、オンプレミスとパブリッククラウドの両方で、コンテナを利用した最新のクラウドネイティブアプリケーションを開発・運用できることだろう。その実現手段として多数のメリットを持つのが「vSphere with Tanzu」だ。使い慣れたvSphere運用環境に、ワークロード管理の新機能が追加されており、従来の環境と同様に、Kubernetes環境でも開発者のニーズにきめ細かく対応できるようになる。

 本資料は、この画期的なソリューションを解説したガイドブックだ。Kubernetes環境を容易に導入・運用できるだけでなく、これまでのツールや知識を生かして各ワークロードを詳細に分析することも可能になる。大きな負担もなく、クラウドネイティブなアプリケーションの開発・運用をサポートできるだろう。