IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

事例

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

ユーザー部門主体で年間7280時間の業務を自動化、フジテックに学ぶ自動化の秘訣

botをユーザー部門が自ら開発して利用することにより、年間7280時間もの業務時間削減に成功したフジテック。同社の取り組みとそれを支えるRPA製品から、全社的業務効率化につながる「テクノロジーの民主化」実現の方法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/08 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.67MB
要約
 昇降機の専業メーカーとして23の国と地域に事業を展開するフジテックでは、テクロジーによるさらなる業務品質向上に向け、ルーティン業務を自動化すべくRPAの導入に踏み切った。製品の選定において軸となったのは「ユーザー主体で開発ができる」ことと、「集中管理ができる」こと、そして「安全性と将来性が高い」ことの3点。これらの要件を満たしつつ、さらに高いセキュリティと多言語対応などの機能を備えた、同社の実情に合致した製品が導入された。

 導入後は業務プロセスにおける「場所」「時間」「人」による拘束の排除を念頭に、それぞれの部門が専門的な業務に専念でき、より自由な働き方を選択できる環境を目指して自動化を推進。稼働している68のbotのうち59がユーザー部門で開発されるなど、テクノロジーの民主化を実現できたという。

 年間7280時間の業務を削減するなど、大きな導入効果を生み出した同製品。本資料では同社の取り組みを基に、その機能について詳しく紹介する。