IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

製品資料

オートメーション・エニウェア・ジャパン株式会社

受注から売り上げ回収までのO2Cプロセス、RPAとAIの組み合わせで自動化を促進

キャッシュフローの停滞は、組織の事業継続を困難なものとする。しかし、その根幹をなすO2C業務の多くは手作業であり、ミスや非効率性が課題となっているほか、受注から売掛金の換金までに費やす時間は増加傾向にあるという。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 16ページ ファイルサイズ 1.05MB
要約
 キャッシュフローの停滞は、組織の事業継続を困難なものとするため、現金をどのように管理するかは、業態にかかわらずあらゆる組織で重要なものとなる。しかし、受注から売り上げ回収までのO2C(Order to Cash)業務は現在、そのプロセスにおいて非効率性やミスという課題を抱えている。

 課題の原因として、このプロセスにおける多くの業務がいまだに手作業によって行われていることがある。これにより売掛金が換金されるまでに要する日数は増加傾向にあることから、近年ではO2C業務に自動化のアプローチを採用することの重要性が高まっている。

 そこで本コンテンツでは、O2C業務の効率化、キャッシュフローの適正化を図る方法として、RPAとAIを組み合わせによりO2Cプロセスをエンドツーエンドで自動化するソリューションを紹介する。自動化によりコスト削減などを実現したケーススタディーなども紹介しているので、参考にしてほしい。