IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

横河レンタ・リース株式会社

レポート

横河レンタ・リース株式会社

初期不具合に要注意、Windows 10の事例に学ぶWindows 11導入で押さえるべき対策

2021年10月より提供開始となったWindows 11だが、生産性向上が注目される一方、まだ不明瞭な部分も多く、業務に支障の無い様に万一の不具合に備えておく必要がある。Windows 10で実際にあったケースを参考に、その対処法についてまとめた。

コンテンツ情報
公開日 2021/12/03 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 2.49MB
要約
 2021年10月より提供開始されたWindows 11。働く場所が多様化する現在のハイブリッドワークに適したOSとして開発され、利用者の生産性向上と集中力を高める操作性が大きな特徴とされる。Windows 10アプリケーションの大半に互換性を持つため、移行に際して大きなトラブルはないと考えられているが、導入初期には不具合が発生しがちなため、IT管理者は注意が必要だろう。

 Windows 10で発生していた不具合としては、初期バージョンアップで発生した「動作が重くなる」問題や、キーボードやマウスなどのデバイス認識の不具合、PC起動の不安定化、Office関連ファイルを読み込めない不具合などがあった。いずれも業務への影響が大きいため、ドライバ更新や設定変更などの解決策を把握しておきたい。

 本資料ではこのように、過去にWindows 10で発生した不具合を踏まえ、Windows 11で同様のケースが発生した際の対応方法についてまとめている。Windows 11は生産性や安全性の向上が注目される一方で、まだまだ不明瞭な部分も多いため、アップデートへの備えとして活用してほしい。