IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

レポート

日本ヒューレット・パッカード合同会社

エンタープライズAIは今後どうなる? 調査で学ぶAI活用の現状と3つの推奨事項

エンタープライズに対応したAI技術の登場により、DXの土台としてAIが普及し始めている今、企業はどんな効果を期待し、どう活用していけばよいのか。2021年の最新調査を基に、ユースケースを交えて、AI活用の現状と今後の展開を考察する。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/30 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 10ページ ファイルサイズ 1.96MB
要約
 2021年に行われた調査によると、約4分の3がAIイニシアチブを推進しており、既に概念実証(PoC)の段階にあるか、今後1年以内には展開する計画だと回答している。このAIの急速な普及の背景には、エンタープライズ対応の新しいAI技術が、デジタル変革の土台となっていることがある。実際、コスト削減や売り上げの拡大など、AIの効果を実感している企業も増えているようだ。

 そしてAIは従来、製品のレコメンデーションエンジンやドキュメント分類などで利用されることが多かったが、近年は高性能なセマンティック分析をはじめ、より複雑なユースケースでも展開され始めている。それを可能にしているのは、NLPテクノロジーによる新たな大規模言語モデルに代表される、技術の進歩にあることは間違いない。

 一方で、こうしたモデルサイズは大きく複雑なため、商用利用はまだ初期段階にあるのも事実だ。本資料では、こうしたAI活用の現状と今後の展開に加え、金融/医療/製造などのユースケースを交えながら、AI/機械学習を活用していく上で重要な3つの事項を解説しているので、参考にしてほしい。