IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

レポート

日本ヒューレット・パッカード合同会社

マルチクラウド環境でデータの価値を引き出すために、コンテナ採用が進む理由

データとアナリティクスの重要性が周知される中、模索されているのがハイブリッドおよびマルチクラウドに対応可能なモダナイゼーションだ。企業調査から、その中心を担うクラウドネイティブ技術のトレンドを読み解く。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/30 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 17ページ ファイルサイズ 1.94MB
要約
マルチクラウド環境でデータの価値を引き出すために、コンテナ採用が進む理由
 近年の調査で、およそ3分の2の企業が数年以内にアプリケーションとデータプラットフォームの刷新を計画していることが分かった。モダナイズする必要性の多くは、パブリッククラウド移行から生じたものだ。一方で、データワークロードをオンプレミスで展開し続ける企業も少なからずあり、ハイブリッドITおよびマルチクラウドに対応可能な選択肢の採用が増えている。

 中でも注目されるのが、スピードや自動化、拡張性、移植性などが得られるコンテナ化されたクラウドネイティブなアーキテクチャだ。当初、ステートレスなWebベースアプリケーションを中心に利用されてきたが、技術の成熟に伴ってステートフルなアプリケーションやデータワークロードにもコンテナが採用され始めている。

 データサイエンスや機械学習の分野でも、複数のチームが複数のワークロードを展開する際に、データの重複を減らし、運用効率を向上させながら、同じデータを活用できるコンテナプラットフォームの存在意義は大きい。本資料では、企業調査をもとに、データ関連ソリューション投資のトレンドと、コンテナプラットフォームの重要性を解説する。

Brought to you by HPE and Intel®