IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ネットワールド

製品資料

株式会社ネットワールド

HCI的に使えるストレージも登場、提案力向上のために押さえたい製品選定の要点

コンテナ技術を利用したOSを搭載し、HCI的な利用も可能な製品が登場するなど、多様化するストレージ市場。ソリューション提案力を向上させるためにも押さえたい、最新のストレージ事情や製品選定の要点を、分かりやすく解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 6.16MB
要約
 データ需要の高まりから、ストレージに求められる要件はさらに高度化している。中には、コンテナ技術を利用したOSを搭載し、ハイパーコンバージドインフラ的な利用が可能な柔軟なストレージ製品も登場している。パフォーマンスはもちろん、スモールスタートや拡張性など見るべきポイントは多い。

 重要なポイントの1つは、用途として想定される仮想マシンのタイプだ。ストレージリソースと、CPUやメモリといったコンピュートリソースのどちらに重点を置いた方が性能を引き出せるのかを考慮して、対応したモデルを選びたい。加えて、多様なワークロードに対応できる点も重要だ。ブロック、ファイル、vVolなどの幅広いデータ要求に対応できれば、仮想LUNやファイルはもちろん、コンテナやAPI連携まで統合管理が可能になる。

 本資料では、こうした最新のストレージ事情を、定番ストレージ製品を例に分かりやすく解説している。紹介している製品は、ストレージ監視ツールが無償のSaaS型で提供され、同ベンダーなら他ストレージ製品との統合管理も容易になるなど多彩なメリットがある。ストレージ更改の有力な検討候補になるだろう。