IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本電気株式会社

製品資料

日本電気株式会社

DXセキュリティの鍵、ゼロトラスト+サイバーハイジーンをどう実装する?

デジタル変革が加速する一方で新たな課題となっているのが、セキュリティリスクの低減だ。そのカギとなるのが、ゼロトラスト+サイバーハイジーンのアプローチだが、これらの実装/運用には高度なノウハウが必要になる。この解決策とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/11/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.04MB
要約
 ニューノーマル時代に向けてデジタル変革が進む一方、事業継続の観点ではセキュリティ対策が重要な経営課題となっている。クラウドが普及し、情報資産と脅威が社内外に存在する今、従来の境界型防御では安全性の担保が困難だ。アクセスするものは全て信頼せずに都度認証/認可を行う「ゼロトラストモデル」の採用は急務といえるだろう。

 加えて、脆弱性を常に排除する「サイバーハイジーン(衛生管理)」の徹底も求められるが、これらを実装/運用するには高度なノウハウが必要になる。ゼロトラスト+サイバーハイジーンの実装は、Security By Designの考え方で設計段階から考慮することが重要だ。そこで注目したいのが、ビジネスリスクを見える化し、セキュリティ対策の設計から安全性の継続までを包括的に支援する、SI/コンサルティングサービスだ。

 同サービスは、CISSPやGIACなど高度な専門資格を保有した専門チームが、リスク分析やガイドライン策定、脆弱性診断などを実施するもので、マネージドサービスを含めてトータルな支援が可能。ビジネス影響を考慮しながらリスクを評価し、対策案を提示してくれる点も魅力だ。本資料で詳細を確認してほしい。