IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本情報通信株式会社

Webキャスト

日本情報通信株式会社

蓄積された社内情報を価値あるデータに変換、検索システムを改善するAI活用とは

ある調査によると、クラウドやオフラインに蓄積された社内情報から、業務に必要な情報を見つけられない人が過半数を占めるという。この状況を改善し、膨大な社内情報から必要な情報を素早く的確に見つけるためには、どうすればよいのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/11/10 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 21分54秒 ファイルサイズ -
要約
 ある調査によると、クラウドやオフラインなど、さまざまなデータソースに蓄積された社内情報から、業務に必要な情報を見つけられずにいる人が、過半数を占めているという。散在する社内情報を横断的にキーワード検索するためのシステムを構築したにもかかわらず、こうした状況に陥っている組織が多いのはなぜなのか。

 検索システムは、導入しただけでは、思うような検索結果を返してはくれない。検索する範囲の検討をはじめ、データの解析や索引データの蓄積、表示する際の条件設定(完全一致なのか、部分一致も含めるのか/更新日順にするのか)など、事前の検討や導入後のさまざまなチューニングが必要で、そのためのリソースを割く余裕がないという組織も多い。

 本動画では、現状の社内情報検索システムが抱える問題点を指摘し、ユーザーが望む検索結果を迅速に得られるようにするための改善ポイントとして、AIの活用を挙げている。併せて、大量の文書からのピンポイントでの情報抽出、コールセンター業務やチャットbotの効率化といった、検索システムにAIを組み込むユースケースについても紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。