IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ヴイエムウェア株式会社

製品資料

ヴイエムウェア株式会社

固めるべきは内部、データセンター保護の確実な強化につながる4つのステップ

データセンターは長らく境界ファイアウォールで守られてきた。しかし近年、脅威はこの境界防御を容易にすり抜けるようになり、侵入を前提とした内部セキュリティ強化の必要性に迫られている。その実現に向けた4つのステップを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/29 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 969KB
要約
 データセンターはこれまで、境界ファイアウォールを中心とした境界での防御で、そのデータやワークロードを保護してきた。しかし近年では、脅威の高度化に加え、テレワーク環境やVDIのようにトラフィックを直接データセンターに送信できる環境も増えており、East-Westトラフィックなど、内部の保護へと焦点がシフトしつつある。

 この対策には、従来のアプライアンスベースの境界ファイアウォールを内部ファイアウォールとして導入する方法もあるが、費用対効果やシンプルさの点で課題が残る。代わって、浮上してきたのが分散型の内部ファイアウォールという選択肢だ。East-Westトラフィックの保護と監視を目的としたソリューションであり、きめ細かなポリシー展開や構成管理の合理化・自動化などの機能も備える。

 ただ、新たなセキュリティソリューションを導入する際には準備期間が必要になる。無理なくセキュリティを強化するために採用が増えているのが、4つのステップから成る段階的な導入方法だ。本資料では、分散型の内部ファイアウォールの機能とともに、そのスムーズな導入方法を紹介していく。