IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Veeam Software Japan株式会社

製品資料

Veeam Software Japan株式会社

vSphere環境のバックアップを強化する10のヒント、自社の最適解を導くために

vSphere環境においてバックアップは事業継続に欠かせない。だが、自社の要件を特定し、求められる機能や設定を基に、ハードウェアの適切なサイジングなどを行うのは容易ではない。そこで参考にすべき10のベストプラクティスを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 19ページ ファイルサイズ 2.67MB
要約
 仮想化基盤市場のリーダーであり続けているVMware vSphere。そのvSphere環境において、仮想マシンのバックアップを常に迅速に行えるようにしておくことは極めて重要だ。ただ、バックアップソリューションを導入すればよいというものでなく、3-2-1ルールをはじめとしたベストプラクティスを理解し、自社のビジネスに合わせて実現することが重要になる。

 基本的なことのようだが、vSphereとバックアップソリューションの最新バージョンをともに使用することはベストプラクティスの1つだ。最新ソリューションの中には、非同期読み取りとバッファーなしの書き込みを導入したものもある。バックアップの書き込みパフォーマンスとセキュリティをさらに向上させられるだろう。

 この他にも、バックアップモードの賢い設定方法、リストア方法を計画するポイントなど、参考にしたい「10のベストプラクティス」がある。本資料では、このようにvSphere環境を保護するバックアップソリューションをさらに強力にするヒントを紹介している。適切なサイジングやWindowsマシンでのVSSの確実な実行などをスムーズに実現する方法を、本資料で詳しく見ていこう。