IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士電機ITソリューション株式会社

製品資料

富士電機ITソリューション株式会社

見落としがちなルールとは? 「電帳法改正」対応に失敗しないツール選定の勘所

電子帳簿保存法の改正に後押しされ、国税関係の帳簿類や証憑類の電子化・ペーパーレス化への取り組みを考えている企業は多い。しかし、実際には途中で挫折する企業や現場業務に支障を来す企業も多い。電子帳簿保存法対応のポイントを探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/22 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 598KB
要約
 電子帳簿保存法の改正により、タイムスタンプや領収書原本の保管が不要になることから、業務効率化を目指して電子帳簿保存法対応に取り組む企業が増えている。しかし、安易に考えていると、思わぬところで失敗することになる。例えば、税務調査が入った場合のことを考えた取り組みを行っているだろうか。

 具体的には、タイムスタンプについてはある時刻にその電子データが存在していたことと、それ以降改ざんされていないことの証明をシステム側で担保する必要がある。領収書にしても同様で、必要に応じて原本の照合が求められる場合もある。こうした“落とし穴”に陥らないためにも、拙速な取り組みは行わず、法的要件を理解したうえで、一連の業務フローを見直すことから始める全体最適のアプローチが理想的といえる。

 本資料では、電子帳簿保存法対応で注意すべき点と、この取り組みを成功させるためのツール選定のポイントを解説する。併せて、「電帳法スキャナ保存ソフト」認証を取得している、ワークフローベースの旅費交通費・経費精算を可能とするソリューションを紹介しているので、ぜひ参考にしてほしい。