IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

住友商事マシネックス株式会社

製品資料

住友商事マシネックス株式会社

移行の課題をどう解決する? Teams電話の導入を成功させる5つの柱とは

ユニファイドコミュニケーションツールは導入こそシンプルなものの、業務の「移行」までを含めると多くの課題に直面する。そこで本資料では、導入の成否を左右する「5つの柱」について解説するとともに、有効な解決策を紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/21 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 715KB
要約
 在宅勤務モデルが「ニューノーマル」として急速に普及したことで、従業員の勤務地を問わずに効果的な情報共有を行うためのユニファイドコミュニケーション(UC)が不可欠となった。しかし、その実現を担うツールは多くが迅速な導入を可能としているものの、“移行”を含めた作業を考慮すると話は大きく変わってくる。

 導入自体はシンプルに行うことができたとしても、追加や変更、削除など移行に伴う作業自体にアプリケーションに関する知識が求められる場合が多く、高額なコストや長い期間を要する場合がある。さらに、ポート数やライセンス数の適正化、冗長化コストやピーク時のイベントへの考慮など、スケーリングや柔軟性をどこまで確保するかといった課題もある。

 また、こうした技術的要素の他にも計画や予算など、将来的にどうやってSLA(サービス品質保証)を満たしていくかというビジョンの構築が必要であり、最初期の段階では専門のコンサルタントやサービスチームに頼るケースも多い。本資料では、こうしたUCソリューション導入をより迅速に、より確実に成功させるための5つの柱について、「Microsoft Teams」の導入を例に解説する。