IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社ネットワールド

Webキャスト

株式会社ネットワールド

SSDのパフォーマンスを最大化、SASに代わるインタフェース規格「NVMe」とは?

SSDがエンタープライズストレージの主流となる一方で、その接続規格であるSASがボトルネック化している。これに代わり、圧倒的なパフォーマンスを実現するものとして注目される「NVMe」について、具体的な数値を示しながら解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/19 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 22分58秒 ファイルサイズ -
要約
 HDDの50倍ものIOPSを実現するSSDは、その大容量化と低価格化を背景に、エンタープライズストレージの主流となりつつある。しかし、ストレージを単にオールSSD構成にするだけでは、本来のパフォーマンスを発揮できないという現実がある。

 ボトルネックとなっているのが、SCSIの系譜として長年にわたり採用され続けてきたインタフェース規格であるSASの存在だ。SASは1つのバスでのコマンド実行数が1回までと制約があり、複数の処理を並行できないのだ。特に大量かつ高速のデータアクセスが要求される仮想化環境での利用においては、この制約によって仮想マシンのパフォーマンスは大きく損なわれる。

 本コンテンツでは、SASに代わる新たなインタフェース規格として注目される「NVMe」について、その圧倒的なパフォーマンスを具体的な数値を示しながら解説する。さらに、オールNVMeでSCM搭載を可能とし、優れたコストパフォーマンスと柔軟性を発揮する次世代のエンタープライズストレージ製品についても紹介しているので、参考にしてほしい。