IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ネットアップ合同会社

製品資料

ネットアップ合同会社

Oracle Databaseのパワーを最大化する、ストレージソリューションの選び方

リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の代表格であるOracle Database。高性能かつ高機能である一方で、意外にもそのパフォーマンスを最大限に活用できている企業は少ない。課題解決に重要となる4項目を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/10/15 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 802KB
要約
 リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)の代表格といえる、Oracle Database。高性能・高機能であることに加え、多様なニーズに対応する拡張性の高さも魅力となり、多くの企業で導入されている。

 しかし、Oracle Databaseにも弱点はある。統合されていないインフラや老朽化したストレージシステムなどが存在していると、全体のパフォーマンスが低下してしまい、リソースのプロビジョニングやデータベースのクローニングに時間がかかるようになる。さらには、テスト/開発サイクルの長期化や、セキュリティ侵害のリスクを高めるといった結果を招いてしまうこともある。

 こうした課題を克服するために、何より重要になるのがインフラ選びだ。本資料では、最適なインフラを選ぶために重視したい4項目を提示し、それぞれで必要となる要件や機能を解説。併せて、これらを全て備えるストレージソリューションも紹介しているので、Oracle Databaseのパワーを最大化するためにもぜひ参考にしてほしい。