IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士フイルム株式会社

技術文書

富士フイルム株式会社

テープの通説を覆す、再注目を浴びる「テープ」ストレージがもたらす価値とは?

テープは昔の技術であると考えられてきたが、長年の技術進化で、数ある通説は古い情報と化している。本資料では、テープのよくある通説を覆しながら、データセンターや企業にとってストレージ選択の1つとなる「テープ」の価値を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/30 フォーマット PDF 種類

技術文書

ページ数・視聴時間 8ページ ファイルサイズ 605KB
要約
 昔の技術であると考えられてきたテープストレージが、ストレージの選択肢として再注目されている。データが爆発的に増加する今、セカンダリーストレージの運用はコストを要する上、HDDやフラッシュドライブのみによる保護ストレージ層は、巧妙化するサイバー攻撃に対応できないからだ。

 テープに関するよくある通説として、信頼性の低さが広く語られてきたが、正しく実装することで信頼性の向上は可能となる。最大の課題はその可搬性から生じるものであり、人的ミスや不手際による損傷が障害を発生させている。現在ではこの課題を解消したテープライブラリが登場しており、ある調査ではHDDの製品寿命が最大5年であるのに対し、テープは30年と、高い耐久性が示されている。

 本資料では、テープの欠点に関する3つの通説を覆した上で、モダンインフラにおいてテープが果たす役割や、最大のメリットである「コールドオフサイトストレージ」について解説する。ディスクとのパフォーマンス/コスト比較も行っているので、参考にしてほしい。