IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

デル・テクノロジーズ株式会社

製品資料

デル・テクノロジーズ株式会社

BIOSやファームウェアを狙う脅威が増加、今検討すべきセキュリティ手法とは

多くのデバイスにわたりデータがやりとりされる今、データ侵害のリスクは深刻化する一方だ。BIOSやファームウェアといったハードウェアを狙う脅威が増加する中、ITインフラの基盤となるサーバで、どのような対策が求められているのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 26ページ ファイルサイズ 703KB
要約
 ある調査によると、デジタルトランスフォーメーション(DX)の最大の障壁はデータプライバシーとサイバーセキュリティへの懸念だという。これまで以上に多くのデバイス、またオンプレミスやクラウドにわたってデータが使われるようになった今、データ侵害のリスクは深刻化する一方だ。実際、63%の企業がデータ侵害を経験し、サイバー犯罪による世界的な損害額は2021年に6兆ドルに達するという。

 一方で、従来のセキュリティ機能はOSやアプリケーション、IPS/IDSなどに配置されてきたが、近年ではファームウェアをはじめとするハードウェアレベルでの対策が求められている。加えて、サーバはビジネスに甚大な影響を及ぼす可能性が高く、企業全体のセキュリティ基盤となっている。

 本資料では、セキュリティを後付けの機能とするのではなく、サーバのライフサイクル全体に組み込む方法論を説いている。その具体策としてあるサーバ製品を提示し、そのサイバーレジリエントプラットフォームに内蔵される、さまざまなセキュリティ機能について詳しく紹介する。