IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エヌビディア合同会社

事例

エヌビディア合同会社

AIチャットbotをより人間らしく、事例で学ぶGPU搭載スーパーコンピュータの実力

恋愛相談に答えるチャットbotサービスを提供するなど、AI研究開発に注力しているNTTレゾナント。言葉の意味を理解して回答を生成できる技術に満足せず、より人間らしい会話に近づけるため、同社が採用したスーパーコンピュータの実力とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/09/13 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 762KB
要約
 NTTレゾナントは、ポータルサイト「goo」などの運営を通じて収集したデータを、早い段階から機械学習を使って分析してきた。その成果として高度な検索機能や、表記ゆれへの対応、多彩な辞書機能などを実現。近年ではAI研究開発に注力し、AIが恋愛相談に対して回答するチャットbotサービスも提供している。

 同社のAIチャットbotは、ディープラーニング技術で言葉の意味を理解し、回答を生成できるのが大きな特長だ。しかし、同社はそれに満足することなく、より人間らしい会話に近づけるため、AI開発基盤としてより高速かつ大容量のメモリと機械学習用GPUを搭載したスーパーコンピュータを導入した。

 チャットbot特有の一問一答形式から脱却し、自然な対話を実現するには、開発段階での試行錯誤の繰り返しは避けられないが、DGX-1の導入により、ディープラーニングをはじめとするAI開発は劇的に加速されたという。本コンテンツでは、同社におけるAI開発基盤の強化に向けた取り組みを紹介する。