IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エヌビディア合同会社

製品資料

エヌビディア合同会社

従来型アプローチは限界? AI活用によるコスト増大やインフラ複雑化の回避策は

ビジネスでのAI活用が加速しているが、ワークロードごとにコンピューティングアーキテクチャを採用する従来型のアプローチは、コストの増大やインフラの複雑化を招く。これを回避し、現代のAIに必要な水準を満たす方法を探る。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/13 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 1.41MB
要約
 あらゆるビジネスにおいてAIを活用した変革が求められる一方、従来型のアプローチが限界を迎えている。分析やトレーニングなど、ワークロードごとにコンピューティングアーキテクチャを採用する方式はコストの増大やインフラの複雑化を招き、スケーリングの速度が制限されてしまうため、現代のAIに求められる水準を満たせないのだ。

 こうした背景から登場したのが、分析からトレーニング、推論に至るまで、あらゆるワークロードに対応するAIシステムだ。6Uのフォームファクターで5ペタFLOPSというAIパフォーマンスを発揮し、Tensor Float 32(TF32)対応のGPUが前世代の20倍もの演算速度を実現。毎秒1.6テラバイトのメモリ帯域幅を備えているほか、40MBのレベル2キャッシュを始めとするオンチップメモリを大幅に増強して計算パフォーマンスを最大化している。

 このかつてないパワーに加え、何千人ものAI専門家によるサポートを提供。さらに、あらゆる主要なハードウェア/ソフトウェアを保護する多層的なアプローチにより、IT部門が脅威の評価や軽減に時間を費やすことなく、AIの運用に集中できる点も魅力だ。本資料でぜひ詳細な機能を確認してほしい。