IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

プリサイスリー・ソフトウェア株式会社

レポート

プリサイスリー・ソフトウェア株式会社

経営の差別化要因となるデータ品質、信頼性の低下が企業にもたらす代償とは?

データを重視することの必要性が認識される一方、データの品質に懸念を持つ経営陣は一定数存在する。産業界のエグゼクティブやアナリストなどへのインタビューから、データ品質の違いがもたらすビジネスへの恩恵や代償を明確にする。

コンテンツ情報
公開日 2021/09/14 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 20ページ ファイルサイズ 1.59MB
要約
 データ重視の必要性は改めて強調するまでもないが、信頼性の低いデータはビジネスに悪影響を与え、多くの問題が生じるのも事実だ。低品質なデータが企業の財務面に及ぼす影響は年間970万米ドルと推計されており、機会損失や評判の低下、意思決定上のリスクなどにもつながっていく。

 データの信頼性が低下する要因としては、情報のサイロ化、エグゼクティブの協力を得ることの難しさ、そして何より、社内にある膨大なレガシーデータが挙げられる。また、事業や産業によって個別具体的な理由が存在するため、データ品質を高めるには、まず自社のビジネスケースを明確にし、データの「正確性」を測定する必要がある。

 本資料では高品質なデータの条件を4つ提示した上で、産業界のエグゼクティブやアナリストなどへのインタビューを基に、データ品質の違いがもたらす企業への恩恵や代償を探る。加えて、データ品質向上に向けた取り組み、社外データの取り込み、パートナーの選定などのヒントを示し、経営の差別化要因としてのデータの重要性を明らかにしていく。