IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本情報通信株式会社

製品資料

日本情報通信株式会社

IT人材不足下でオンプレSystem i(AS/400)のクラウド化を急ぐ理由

IT人材不足が深刻化する中、特に確保が困難になりつつあるのがオンプレミスの System i(AS/400)の運用人材だ。在宅勤務化の加速潮流を踏まえると、クラウド移行は全ユーザー企業にとって喫緊の課題といえる。

コンテンツ情報
公開日 2021/08/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 720KB
要約
 リモートワーク環境においても生産性を落とさず、事業を継続するには、各種システムの安定稼働が前提となる。しかし、従業員がオフィスに出勤できない中では、現場でITインフラの運用保守を行う人員を確保するのが難しい。

 これは、オンプレミスのSystem i(AS/400)を導入している企業にとって特に深刻だ。System i(AS/400)の構築・運用保守を担ってきた人材の高齢化や不足も相まって、自社での人材確保は困難を極めている。そこで有効なのがインフラのクラウド移行だ。障害時の現地対応、保守更新、維持管理などの業務負荷が大幅に軽減可能であることに加え、開発生産性の向上やBCP対策、セキュリティ向上などの効果も期待できる。

 本資料では、System i(AS/400)のクラウドソリューションを紹介する。System i(AS/400)の専門SEによる基盤運用サービス付きで、インフラリソースをそのまま“as a Service化”してクラウドで利用できるのが特長。FISC安全対策基準に準拠するほか、PCI DSS認証も取得するなど、セキュリティレベルの高さも魅力だ。