IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Veeam Software Japan株式会社

製品資料

Veeam Software Japan株式会社

Microsoft 365のバックアップはなぜ重要? ユーザーが知るべき7つの脆弱性とは

Microsoft 365の利用が進む一方で、そこで扱われるデータの管理/保護に関して無自覚な企業は少なくない。クラウドならではの責任共有モデルの考え方を踏まえ、データ保護に関して注意すべき7つの脆弱性を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/07/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 1.48MB
要約
 Microsoft 365(旧:Office 365)の利用が進む一方で、そこで扱われるデータの管理/保護に関して無自覚な企業は少なくない。実際の調査でも、半数以上の企業がMicrosoft 365のデータ保護計画を作成していない、というデータがあるほどだ。

 こうした状況は、「Microsoftはインフラの管理には責任を負うが、データのバックアップに関する責任はユーザー自身にある」という考え方を理解していない企業が多いことに起因している。Microsoft 365が提供する「地理的冗長性」は、サイトやハードウェアの障害に対して保護するものであり、データの消失や意図せぬ削除があった際に迅速に復元できる「バックアップ」とは根本的に異なる。

 そのため、内外の脅威への対処や、法的要件/コンプライアンス要件への対応、Microsoft Teamsに関するデータ保護といった観点から考えると、適切なバックアップの仕組みをユーザー側で用意する必要がある。本コンテンツでは、Microsoft 365のデータ保護に関して企業が抱きがちな誤解とともに、注意すべき7つの脆弱性について詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてほしい。