IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

富士通株式会社

製品資料

富士通株式会社

安全・安心なテレワーク環境を実現、エンドポイント保護で重要な「3つの対策」

テレワークを継続的に実施するうえで、PCをはじめとするデバイスのセキュリティ強化は必要不可欠だ。8万人規模のテレワークを実践する富士通が提唱する、強化すべき3つのセキュリティ対策を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/07/26 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 5ページ ファイルサイズ 879KB
要約
 新型コロナウイルスの感染拡大によって、事業継続の観点からテレワークの重要性が高まった今。恒久的なテレワークに踏み切る企業や、テレワークとオフィス勤務を組み合わせたハイブリッドワークを導入する企業など、さまざまな形でテレワークを継続する企業が急増した。それに伴い、安全・安心なテレワーク環境を構築すべく、セキュリティ対策の強化が大きな課題となっている。

 では、どのような点を考慮し、セキュリティ対策を改善していくべきなのか。テレワーク環境では、PCなどのデバイスをオフィスや自宅、移動中に使用することを想定して対策を講じるわけだが、国内約8万人の従業員が“原則テレワーク”に移行した富士通が整理分析し、定めたところによると、必要な対策は3つ。ウイルスによる攻撃と人に起因するリスクに対し、「ウイルス/マルウェア対策」「本人認証」「データ保護」の3つを強化することが重要だという。

 本資料では、この3つの強化ポイントについて、1つずつ詳しく解説する。それぞれの対策に適したエンドポイントソリューションも紹介しているので、安全・安心なテレワーク環境の構築に向け、ぜひ参考にしてほしい。