IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

データストアへのリトライ処理でもべき等性を実現、サーバレスでの実装方法は?

データストアに対するリトライ処理では「べき等性」の実装が欠かせない。ただ、クライアントからキューに対してメッセージを送信するようなサーバレスのシステムでは、実装方法が異なる。AWSを例に、その実装方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/07/16 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1.45MB
要約
 堅牢性や可用性が求められるシステムでは、リクエストが重複して送られても正しく処理できる「べき等性」の実装が欠かせない。サーバレスのシステムでは、何らかのエラーが発生したときのリトライ処理によるメッセージの重複を排除する機能により、このべき等性を実現可能だ。

 さらに、この考え方を進めて、データストアに対する処理でも同様の機能を実装できる。ただし、SQS FIFOやSNS FIFOの機能を利用してメッセージの重複を排除できたとしても、データストアへ書き込む処理の途中でエラーが発生した場合、リトライ処理が実行されてしまうため、メッセージの重複排除に他の処理を組み合わせる必要がある。

 本資料では、この実装方法をAWS Lambda、Amazon DynamoDBを例として、メッセージ例を交えて具体的に解説する。注文IDがクライアント側で生成されるケースと、バックエンド側で生成されるケースで、対応も異なってくる。サーバレスの採用シーンが拡大しているだけに、本資料でそれぞれの対処法を学んでおこう。