IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本テラデータ株式会社

製品資料

日本テラデータ株式会社

分析に基づく意思決定を強化、膨大なデータを余すことなく活用する方法とは?

データ駆動型ビジネスの意義は既に一般的なコンセンサスを得ているものの、実際には多くの組織で、日々収集される膨大なデータの大部分が使われていないという。データ活用を阻害する要因はどこにあり、どうすればそれを解消できるのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/07/09 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 755KB
要約
 データを中心としたビジネスの推進で、組織はデータからより多くの洞察を獲得することができ、それらを迅速かつ有意義な意思決定に寄与させることができる。このようなデータ駆動型の意義は既に、一般的なコンセンサスを得ているものの、実際には多くの組織で、日々収集される膨大なデータの大部分が使われていないという。

 その原因は、組織によっては数百、数千にも上るデータサイロの存在にある。データは全て統合されていなければ意味はなく、サイロ化したデータと向き合っても、商品在庫や売れ筋商品、収益の高い商品など、表層的な知見しか得られない。市場での競争力を今後も維持するためには、より深い知見と洞察をデータから導き出せるようにしなければならない。

 本資料では、組織がデータ駆動型ビジネスへの転換を図るために、死蔵されているデータを余すことなく活用すること、データ分析をより多くのユーザーに開放することが重要であると指摘している。その取り組みの第一歩として、サイロ化したデータを分析プラットフォームに統合することを提案し、そのためのソリューションも紹介しているので参考にしてほしい。