IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Slack Japan株式会社

レポート

Slack Japan株式会社

平野未来氏に聞く、リモートワークを成功に導く分散型ワークの確立法

新型コロナウイルス感染症のまん延を機に急速に普及したリモートワークだが、生産性の低下に悩む企業も多い。この課題を解消するために必要な要件を、シナモンの代表取締役社長CEO・平野未来氏に聞いた。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/18 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 4.73MB
要約
 コロナ禍を受けて急速に普及したリモートワークだが、導入後に生産性が落ちたと感じる企業は少なくない。中には、再びオフィス勤務中心の働き方に戻そうとする動きも散見される。こうした状況に陥る理由について、組織の全員が共通の理解を持つ上で重要な「共有認知」が確立されていないという課題を指摘するのは、AIベンチャー企業・シナモンの代表取締役社長CEOの平野未来氏だ。

 これまでの働き方では、日常の会話によって共有認知が醸成され、会議などでの意見交換もスムーズに行うことができた。しかし、コミュニケーションスタイルを最適化しないままリモートワークを導入してしまった企業は共有認知の確立が難しく、効率的に業務を進められなくなってしまう。この課題を解消するには、働く全員が分散していることを前提に、オンライン上で全てのコミュニケーションと業務を完結させる「分散型ワーク」を実現する必要がある。

 本資料では、平野氏が語る「分散型ワーク」の要件とシナモンでの事例に加え、これを実現するために大きな戦力となるコミュニケーションツールについて紹介している。リモートワークの導入結果に課題を感じる企業は、ぜひ参考にしてほしい。