IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Slack Japan株式会社

レポート

Slack Japan株式会社

意思決定を迅速化、「アジャイルな組織」を作るための2つの要素とは?

上意下達であることが多い、日本企業の意思決定プロセス。こうした縦割り組織は、変化のスピードが速く不確実な現代に対応できないため、「アジャイルな組織」への転換が急がれる。その実現に欠かせない、2つの要素を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/18 フォーマット PDF 種類

レポート

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 1.76MB
要約
 「上意下達」と表現されることの多い、日本企業の意思決定プロセス。ある調査によると、ビジネスパーソンの75%が意思決定の遅さを体感しているという。変化のスピードが速く不確実な現代において、こうした「縦割り組織」は機能不全に陥っており、「アジャイルな組織」への転換が急務となっている。

 その実現のためには、まず意思決定が迅速に行われる環境の整備が不可欠だ。意思決定の権限をあらかじめ定義し、組織メンバー間の意思疎通に必要な情報を共有することで、それぞれの期待役割を明確にできれば、自ずと素早い判断が可能になり、意思決定を迅速化できる。また、優秀な人材は無駄がなくスピーディーに仕事が進む組織への帰属意識を高めるため、メンバーの成長につなげることも可能だ。

 本資料では、企業の組織改革をサポートする沢渡あまね氏とともに、アジャイルな組織を作る2つの要素を解説する。併せて、コラボレーションの阻害要因を排除するための具体策として、企業の基礎力をサポートするコミュニケーションツールの活用を提示している。