IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

SCSK株式会社

製品資料

SCSK株式会社

インライン制御で柔軟なポリシーを適用、SASEで実現する新セキュリティの強み

リモートワークが浸透し、オフィスや自宅、外出先などアクセスは多様化している。さらにマルチクラウド化も進むなど環境は複雑化しており、包括的なリスクコントロールが求められている。そこで注目すべきはSASEベースのセキュリティだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 22ページ ファイルサイズ 3.75MB
要約
 セキュリティのトレンドの1つは、統合だ。テレワークが一気に浸透し、企業では社外からのアクセスが一般化している。加えてクラウド活用も進み、マルチクラウド環境も普及している。こうした多様な環境でも包括的なリスクコントロールを行うため、セキュリティ機能を統合し、より安全で柔軟な環境を実現したい。

 そこで利用されるのが、SASE(Secure Access Service Edge)だ。ユーザー環境やリソースを問わず統合的なアクセスコントロールを実現する。その重要度からSASEソリューションの数も増えてきており、選定に当たってはチェックすべきポイントもある。1つはインライン構成で制御を実施できることだ。管理端末の詳細な可視化・制御が可能で、対応可能なクラウドサービスも幅広い。

 組織のポリシーに応じて、機密文書のクラウドへのアップロードを禁止したり、企業アカウントのあるクラウドサービスでも個人アカウントの使用は禁止したりといった柔軟なコントロールを利かせられる。本資料では独自の強みを持つSASEソリューションを紹介する。