IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ノンプログラミングで開発、「Amazon Honeycode」を使った業務アプリ作成方法

ノンプログラミング開発ツールである「Amazon Honeycode」がアップデートされ、他サービスとの連携機能が実装された。この機能を使い、Slackと連携したタスク管理アプリを作成する方法を解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 32ページ ファイルサイズ 6.47MB
要約
 プログラミングなしで業務に必要なアプリケーションを開発できるツール「Amazon Honeycode」(以下、Honeycode)。2020年に発表されたアップデートでは、AppFlowおよびZapierとの連携機能が実装された。

 このうちAppFlowは、Amazon Web Servicesが提供するAmazon S3などのサービスと、SalesforceやSlackといったSaaSアプリケーションとの間でデータを安全に転送できるフルマネージド統合サービスだ。HoneycodeとAppFlowを連携することで、作成するアプリケーションの可能性はさらに広がる。

 そこで本コンテンツでは、AppFlowとの連携機能を使い、複数のサービスと連携してタスク管理をするHoneycodeアプリの作成方法を紹介する。これにより、Amazon S3にタスクデータを置き、アプリからタスク完了操作を行うとSlackの特定チャンネルへと自動的にタスク完了通知を投稿する仕組みを実現できる。各要素の作成手順を詳しく解説しているので、これからHoneycodeを使いたいという人はぜひ参考にしてほしい。