IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

製品資料

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

ZIP/コンテナ形式双方に対応、「AWS Lambda」の新たな開発方式とは?

サーバレス開発の基盤として、多くのワークロードで利用されている「AWS Lambda」。開発・運用に関する要望が多かったことから、新たにコンテナイメージサポート機能が追加されたというが、どのような機能なのだろうか。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/11 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 11ページ ファイルサイズ 723KB
要約
 AWS Lambdaは、サーバのプロビジョニングや管理をすることなく、コードを実行できるクラウドコンピューティングサービスだ。2014年のサービス提供開始以来、サーバレス開発の基盤として、多くのワークロードで利用されている。

 しかし、AWS Lambdaを利用しているシステムには、別のエンドポイントでAmazon ECSやAmazon EKSが使われていることもあれば、コンテナとしてアプリケーションをデプロイしていることもある。そのため開発者は、ZIP形式とコンテナ形式の2種類のデプロイ方法を学習する必要があった。またコンテナベースでの開発では、ローカルのテスト方式もコンテナベースとなり、依存関係もイメージ内に梱包することが一般的とされている。

 こうした背景から、AWS Lambdaに新たにコンテナイメージサポート機能が追加されることとなった。本コンテンツでは、従来通りサポートされるZIP形式とコンテナ形式とのクオータの違いや、各形式でのLambda関数の作成方法を詳しく解説する。