IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

横河レンタ・リース株式会社

製品資料

横河レンタ・リース株式会社

PCリプレースは何年ごとにどの方法で行うべきか? 費用・生産性で考える最適解

テレワーク導入の流れを受け、企業におけるノートPCへの買い替えが進んでいる。しかし、OSの進化が早いWindows 10などの影響によりPCライフサイクルの短縮化も予想される。今後、PCリプレースは何年ごとに、どのような方法で進めるべきか。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/07 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 9ページ ファイルサイズ 639KB
要約
PCリプレースは何年ごとにどの方法で行うべきか? 費用・生産性で考える最適解
 急速に進むテレワーク導入の流れを受けて、近年、多くの企業がノートPCへの買い替えを進めている。今後もテレワークに適した製品が次々と投入され、5G、Wi-Fi 6といったテクノロジーに対応した新たなPCが企業の生産性を大きく向上させていくだろう。

 このように働く環境やテクノロジーが急速に変化する一方で、今もPCの買い替えサイクルを「5年に1回」「故障したタイミングで実施」といった長いスパンで考える企業は多い。しかし、OSの進化が早いWindows 10では、従来よりも早い時期にPCが性能不足に陥ることが予想される。

 また、PCスペックを要求するオンライン会議の普及は、PCライフサイクルの短縮化をさらに加速させるだろう。それでは、財務面の課題、IT担当者の工数、ユーザーの生産性などを考えた場合、今後のPCリプレースは何年ごとに、どのような方法で行うべきか。本資料では、その最適解を多角的に検討する。