IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

丸紅情報システムズ株式会社

製品資料

丸紅情報システムズ株式会社

部品の3Dデータで組付け検証、工数・コストを大幅に削減するデジタルツインとは

製造業における部品組付けなどの検証作業を仮想空間上で行う「デジタルツイン」が注目されている。大幅な工数・コストの削減や、遠隔地のパートナーとのタイムリーかつセキュアなデータ共有を実現するソリューションを確認してほしい。

コンテンツ情報
公開日 2021/06/07 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 4.44MB
要約
 製造業の製造プロセスが、大きな節目を迎えている。特に自動車分野では、グローバル生産の拡大によりサプライヤーが世界各地に分散したことで、「現物」の部品による組付け確認が困難になってきている現状がある。部品の輸送に最低、数日がかかるうえ、検証で問題が発生するたびに設計変更などの手戻りが必要になり、開発期間が想定以上に長引いてしまうようになっている。

 これに対する解決策の1つとして有力視されているのが、仮想空間で検証を行う「デジタルツイン」だ。サプライヤー各社が部品を3Dスキャンしてデジタルデータを作成し、即座にメーカーと共有する。メーカーはこのデータをコンピュータ上で組み立て、レビューを実施。組み付き具合や隙間段差、動作部分の干渉などを確認する。これにより無駄な手戻りの解消をはじめ、工数やコストを大幅に削減できる。

 このソリューションを実現するには、高性能な3Dスキャナーに加え、遠隔地のパートナーとデータをタイムリーかつセキュアに共有する仕組みが必要になる。本資料ではデジタルツインを実現する2つの製品を紹介しているので、その実力を確認してほしい。