IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日商エレクトロニクス株式会社

製品資料

日商エレクトロニクス株式会社

ハイブリッド/マルチクラウドのサービス配信、運用複雑化やコスト増をどうする

サービス配信基盤の主流となったハイブリッド/マルチクラウド環境で迅速なデプロイや運用の簡素化、コスト削減の実現には、プラットフォームを一元管理し、帯域とインスタンスを柔軟に割り当てられる仕組みが必要となる。その実現法とは

コンテンツ情報
公開日 2021/05/18 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 21ページ ファイルサイズ 2.83MB
要約
 サービス配信基盤は、従来のオンプレミスデータセンターからハイブリッド/マルチクラウド環境へと移行しつつある。しかし、ハイブリッド/マルチクラウドではニーズの変化にあわせて柔軟にサービスを変更できる一方、リソースの再割り当てが必要になる他、運用の複雑化、ライセンス追加購入によるコスト増が課題となる。

 これらを解決しつつ、新たなサービスを迅速にデリバリーするには、仮想アプライアンスやパブリッククラウド、コンテナ、ハードウェアなどを一元管理/可視化しつつ、帯域とインスタンスはそれらのどのプラットフォームにも迅速かつ柔軟に対応できるような仕組みが必要となる。そこで注目したいのが、物理/仮想/クラウドなど多様な環境に対応した、“ソフトウェアファースト”なアプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)だ。

 Citrix社のADCでは、プール型ライセンスを採用することで適切なリソース配分や投資の最適化を実現するのに加え、スケーリングアーキテクチャにより将来に向けた拡張性も担保するなど、ハイブリッド/マルチクラウド時代に最適な機能を備えている。本資料で、同製品の強みやユースケースを詳しく見ていこう。