IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTコミュニケーションズ株式会社

製品資料

NTTコミュニケーションズ株式会社

「アナログ取引」から脱却、請求書業務の電子化を成功させる3要件とは

インボイス制度の開始や電子帳簿保存法の改正を背景に、経理業務の電子化が加速している。紙の請求書を電子化する上で重要となる3つのポイントを解説するとともに、それらを全て満たすクラウド型請求書電子化サービスを紹介する。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/12 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 3ページ ファイルサイズ 1.26MB
要約
 2023年に開始されるインボイス制度や、2022年の電子帳簿保存法の改正が後押しする形で、経理業務の電子化が加速している。とはいえ、いまだ多くの企業が紙の請求書を扱っており、ほぼ全ての業種で9割超の企業が“アナログ取引”を行っているというデータもある。働き方改革によるリモートワーク導入促進にもつながる、経理業務のDX実現は必須といえる。

 請求書業務を電子化する上でポイントとなるのが、導入コストの抑制だ。利用レベルに応じて料金を支払うクラウド型のサービスを導入すれば、大規模な構築作業が不要になる上、常に最新の機能を使うことができる。また紙ベースと併存し煩雑化しないためにも、取引先が手軽に利用開始できることや、本当の業務効率化を実現するため、データ交換(EDI)に対応していることも重要だ。

 本資料では、この3つの要件を全て満たす、クラウド型の請求書電子化サービスを紹介する。自社システムとの柔軟なデータ連携や、多言語や外国通貨へ対応する他、グローバルでの豊富な導入実績や安定した性能を誇る。経理部門の残業時間の削減やリモートワーク実施にも役立つはずだ。