IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本アイ・ビー・エム株式会社

製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

ハイブリッド環境で既存システムの価値を向上、いま選ぶべき次世代クラウド基盤

オンプレミスでの運用が最適なシステムがまだ多いことから、ハイブリッド/マルチクラウドの導入を検討する企業が増えている。その中で、SoR/SoEを円滑に運用し、既存システムの価値を高めるには、どんな視点で基盤を選べばよいのか。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/08 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 13ページ ファイルサイズ 1.26MB
要約
 クラウド移行と聞いて、全システムとデータをパブリッククラウドに置くことをイメージするケースは今も少なくない。しかし、オンプレミスでの運用が最適なシステムはまだ多く、クラウドが万能の解決策とはいえない。また、システムが特定のベンダーに依存し、ロックインされてしまうことは避けなければならない。

 そこで検討したいのが、ハイブリッド/マルチクラウドに最適化された、次世代のクラウドプラットフォームだ。オンプレミスのSoR系システムに手を加えず、SoE系システムと同じ基盤で運用できるのに加え、AIやIoTといった先進技術と組み合わせて価値を高められる。また、クラウドのスケーラビリティで既存システムの能力を高められる他、オープンなコンテナ技術でアプリケーションの変化対応力も向上させられる。

 本資料では、企業向けクラウドとして安全性にも定評のある同プラットフォームが、システム資産価値をどう高めるのか詳しく解説する。あわせて、同ベンダーが提供するクラウドソリューションの技術的特長についても、マイグレーションやモダナイゼーションにフォーカスして紹介しているので、参考にしてほしい。