IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

株式会社マネーフォワード

製品資料

株式会社マネーフォワード

2022年の電子帳簿保存法改正で、スキャナー保存の業務フローはどう変わる?

2022年1月1日に施行予定の改正電子帳簿保存法。「令和3年度税制改正大綱」から読み取れるスキャナー保存要件や電子取引要件などの改正点と、これによって申請・業務フローがどう変わるのかについて考察する。

コンテンツ情報
公開日 2021/04/01 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 6ページ ファイルサイズ 1000KB
要約
 2022年1月1日に施行予定の改正電子帳簿保存法について、業務への影響が気になるという企業は多いだろう。そこで、いくつかの改正点を見ていきたい。まずスキャナー保存要件については、現行では運用開始の3カ月前に税務署に申請して承認を得る必要があるが、改正後は承認が不要となる。また、入力期限は2カ月以内に統一されて自著が不要となる他、原本の破棄が可能となるなど、さまざまな改正が行われる。

 電子取引要件においては、タイムスタンプの付与期間を「2カ月以内」に変更。さらに電磁的記録の保存要件も改正され、電磁的記録はそのままの形で保存することが必要となり、プリントして保存するといった対応はできなくなる可能性がある。

 こうしたスキャナー保存要件・電子取引要件を満たさない電磁的記録は、国税関係書類などとして扱われなくなるため注意が必要だ。本資料では、「令和3年度税制改正大綱」から読み取れる電子帳簿保存法改正のポイントと、これを基にスキャナー保存の申請・業務フローがどう変わるのかについて考察する。