IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

日本ヒューレット・パッカード合同会社

事例

日本ヒューレット・パッカード合同会社

将来のハイブリッドITインフラ化に対応、J:COMに学ぶ仮想化基盤の構築術

インフラ環境改善に取り組むJ:COMでは、社内業務システムを統合した全社仮想化基盤の再構築に着手。同社は性能・信頼性・拡張性の向上と同時に、将来のハイブリッドITインフラ化も見据えた先進的な環境を実現したという。

コンテンツ情報
公開日 2021/03/16 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 701KB
要約
 国内大手ケーブルテレビ事業者のJ:COMでは、インフラ環境改善に継続的に取り組んでおり、社内業務システムを仮想化基盤に統合し、140台以上のサーバを集約することで、3億5000万円ものコスト削減に成功していた。この仮想化基盤のハードウェア更改を機に、同社は全社仮想化基盤の再構築に着手する。

 性能や信頼性、拡張性の強化はもちろん、将来のハイブリッドITインフラ化に対応できることを重視し、同社はコンポーザブルインフラを採用。同製品は各種モジュールを組み合わせて自由に環境構成でき、外部クラウドサービスとの柔軟な連携を可能とする。そこに「100%の可用性」を実現するという高性能ストレージを組み合わせることで、将来的なインフラ拡大への対応力も強化した。

 特に注目したいのが、システムを停止させることなく、新仮想化基盤への円滑な移行を可能にしたネットワーク仮想化の取り組みだ。本資料では、大幅なパフォーマンス向上やインフラの省スペース化などを実現した同社の取り組みと、その成功を支えたITパートナーの手厚いサポート体制を紹介する。