IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTテクノクロス株式会社

製品資料

NTTテクノクロス株式会社

テレワーク対応のIT資産管理へ、“脱Excel”で運用負荷を削減する最適解とは?

テレワークが長期化する中、IT資産管理においてセキュリティやコンプライアンスの課題を抱える企業も少なくない。解決に向け特に重要な「誰が」「どこで」「何を」の3項目を、Excelに代わり正確かつ効率的に管理する方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/03/04 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 754KB
要約
 コロナ禍を受けてテレワークが長期化し、それに伴いさまざまな課題が明らかになってきた。中でもIT面にフォーカスすると、セキュリティやコンプライアンス問題につながるIT資産管理に関する課題を抱えている企業も多いのではないだろうか。

 そんな企業がまず取り組むべきは、台帳によるIT資産管理だ。特にテレワーク環境においては、使われるIT資産の所有者や場所が広がることから、「誰が」「どこで」「何を」の3項目を正確に管理することが重要となる。実際にExcelを使用して、所有するハードウェアを登録・管理している企業は多いだろう。

 しかし、そのExcelでの管理のままハードウェア情報に「誰が」「どこで」の要素を連動させるとなると、その運用負荷が膨大なものになる。テレワーク環境において、IT資産管理の正確性と効率性を上げるには、台帳ツールを活用することが望ましいだろう。本資料では、こうした課題の解決策として、サブスクリプションライセンスで利用できる台帳ツールを紹介する。