IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

ネットアップ合同会社

製品資料

ネットアップ合同会社

クラウドオブジェクトストレージと同等の運用を低コストに、実現策は磁気テープ

データ量の増大に伴い、多くの企業でデータ保管の最適化が模索されている。こうしたニーズを受けて登場したのが、HDDに比べ低コスト・省電力で、より大容量なデータの長期保存が可能な「磁気テープ」を利用したオブジェクトストレージだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/02/24 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 727KB
要約
 保存容量を容易に拡張できるオブジェクトストレージは、ビッグデータ分析やAI、IoTなど扱うデータ量が膨大なテクノロジーとの親和性が高く、市場拡大が目覚ましい。しかし、データ量増大に伴うコスト面の課題は大きく、その60%は利用頻度の低いコールドデータが占めるという実情もあり、データを低コストで保管する手段が求められてきた。

 その抜本的な解決策として選択肢に浮上したのが「磁気テープ」だ。HDDより大容量かつ省電力で、長期保存性に優れ、最新のLTOフォーマットでは1巻あたり12TBを保存できる。容量をさらに拡張するロードマップも示されており、今後のデータ増への対応も期待できる。ただし、これまでは、オブジェクトストレージやクラウドとシームレスに連携できる製品が乏しいことが課題となっていた。

 そこで注目したいのが、オブジェクトストレージ用のテープ記録フォーマットを新たに提供し、テープ単体でのオブジェクトの可搬性を高めたテープストレージ製品だ。Amazon S3互換APIでデータを操作でき、クラウドストレージと同等の運用性をより低コストで実現する。多様な用途が見込まれる同製品の実力を本資料で確認してほしい。