IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

横河レンタ・リース株式会社

製品資料

横河レンタ・リース株式会社

OneDrive for Businessへデータを自動保存、「データレスPC」活用のヒント

Microsoft 365利用企業にとって、1人につき1TBの容量が提供されるなどメリットの大きいOneDrive for Business。だがユーザーにとっては、手動でのデータ移行をはじめ負担も少なくない。これを解決する「データレスPC」の実力とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/02/15 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 7ページ ファイルサイズ 1.21MB
要約
 Microsoft 365を導入する企業の多くが、オンラインストレージのOneDrive for Businessを利用できる状態にある。しかし、クラウドの安全性を懸念し、従業員に利用させない企業も少なくない。とはいえ、個人のデータも全てファイルサーバに保存するとなれば、データ量が増え、ファイルサーバ運用の負荷やコストは増加する一方となる。

 そこで、1人につき1TBの容量が提供されるOneDrive for Businessを有効活用したい。同サービスは企業ユースを想定しているため、極めて高いセキュリティを確保している。また、SLAで99.9%の稼働率を保証しているほか、災害対策も施されており、安心して利用できるサービスといえる。

 しかし、ユーザーにとっては、OneDrive for Businessへの手動でのデータ移行や、端末にデータを保存しないことを意識しての利用は負担となる。そこで活用したいのが、PCの使い勝手はそのままに、OneDrive for Businessへのデータの自動保存を実現するデータレスPCソリューションだ。本資料では同ソリューションを紹介するほか、OneDrive for Businessの安全性やメリットを解説する。