IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

デル・テクノロジーズ株式会社

Webキャスト

デル・テクノロジーズ株式会社

新世代のスケールアウトNASは何が違う? 3つの観点から考える進化の全貌とは

非構造化データが急増する今、限られたIT予算でそれらを取り扱うための手段として、改めて注目されるスケールアウトNAS。スケールするシステム環境/ワークロード/データという3つの観点から、最新モデルがどう貢献するのか解説する。

コンテンツ情報
公開日 2021/02/10 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 21分32秒 ファイルサイズ -
要約
 デジタルテクノロジーの進化に伴い、日常のあらゆる場面でデータが生成されるようになった。その中でも急速に増大しているのが非構造化データだ。その増加のペースは速く、2024年までに、企業がファイルまたはオブジェクトとして保存する非構造化データは、2019年に保有しているデータの3倍となる見込みだという。

 また、データセンターやクラウドの外側で作成され、処理されるデータに関しても、2019年には10%に満たなかったものが、2022年までに50%以上になると予測されている。このように増加を続ける非構造化データへの対応は、IT部門にとって喫緊の課題だが、一方で“IT予算は横ばいのまま”という現状もある。

 そこで本コンテンツでは、非構造化データを扱う際の課題となる「スケールするシステム環境への対処」「スケールするワークロードへの対処」「スケールするデータへの対処」を可能とする新世代のスケールアウトNASについて解説する。スケールアウトNASが非構造化データ向けのプラットフォームに採用される理由や、最新モデルの機能の詳細などを確認できるため、ぜひ参考としてもらいたい。