IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

リコージャパン株式会社

製品資料

リコージャパン株式会社

テレワーク推進のはずが出社対応に、ネックとなる紙文書業務をどう改善する?

テレワークが拡大する中で悩ましい業務の1つにFAX対応がある。同じ発注でも取引先によって書式が異なる場合があり、出社しての作業を余儀なくされる。しかし、こうした紙文書をデータ化できるなら、業務の自動化や在宅対応も可能になる。

コンテンツ情報
公開日 2021/02/05 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 14ページ ファイルサイズ 1.16MB
要約
 定型業務を自動化するRPA(Robotic Process Automation)は、テレワークやペーパーレスの推進にも効果を発揮する。文字画像をスキャナーなどで読み取ってデータに変換するOCRを組み合わせることで、従来、紙文書中心だった業務にもRPAを適用でき、テレワークで実行できる業務範囲も広がるからだ。

 例えば、複数の取引先からFAXで注文を受けている場合、業務システムに入力するまでの作業は人力に頼る場面が多い。しかし、RPAとOCRを組み合わせれば、不定形文書を自動で読み取ってCSVに一元化し、そのデータを業務システムにRPAで入力するといった形での作業の自動化が可能だ。担当者はCSVデータの突合チェックをテレワークで行うだけで済み、負担が大きく軽減される。

 本資料では、このようにRPAとOCRの組み合わせにより業務を効率化し、テレワークでの対応を可能にした事例を紹介している。経理や総務、製造など、あらゆる部門で紙文書は使われている。自社の業務プロセスと照らし合わせながら、テレワークやペーパーレスの推進に向けて参考にしてほしい。