IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTテクノクロス株式会社

製品資料

NTTテクノクロス株式会社

ヤマハ発動機も実践、セキュリティ・ガバナンス・コスト削減に効く特権ID管理術

セキュリティ対策、ガバナンス強化、コスト削減を実現する上で極めて重要な「特権ID管理」。しかし、その取り組みには手間と時間がかかり、現場では運用の形骸化が進みやすい。いま一度、運用における重要ポイントを確認しておきたい。

コンテンツ情報
公開日 2021/01/28 フォーマット PDF 種類

製品資料

ページ数・視聴時間 40ページ ファイルサイズ 5.49MB
要約
 サイバー犯罪者から狙われやすく、内部不正でも利用されることの多い「特権ID」。その適正な管理は、標的型攻撃をはじめとするサイバー攻撃への対策、J-SOX対応やPCI DSS対応などによるガバナンス強化、情報システム部門のコスト削減などにつながるため、今では多くの企業が特権ID管理を重要課題として位置付けている。

 しかし、特権ID管理には手間と時間がかかるため、現場では運用の形骸化や管理レベルの低下が進みやすい。そのため、いま一度、「特権IDの利用状況を正確に把握できているか」「社外から利用される特権アクセスをコントロールできているか」「いつ、誰が、どの特権IDを利用したのか点検できているか」といった点を確認しておきたい。

 こうした運用見直しにおいて参考としたいのが、ヤマハ発動機における特権ID管理ソリューション刷新の取り組みだ。本資料では、同社の事例を交えつつ、特権ID管理によってセキュリティ対策の強化、各種法令やガイドラインへの確実な対応、情報システム部門の負荷軽減を実現するためのポイントを紹介する。