IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

NTTテクノクロス株式会社

事例

NTTテクノクロス株式会社

三井不動産のDXを支えるセキュリティ基盤に「特権ID管理」が必要だった理由とは

システム共通基盤の構築に取り組む中で、クラウド化を進めた三井不動産。そこで必要になったのが、「特権ID管理」の仕組みだ。AWSやAzure、オンプレミスにまたがる大規模な管理基盤を構築した、同社の方法とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/01/28 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 2.01MB
要約
 オフィスビルや商業施設などを幅広く展開する三井不動産。ITをイノベーションのための重要なツールと位置付ける同社では、事業ごとに分かれていたシステムを統合すべく、共通基盤の構築に着手。その取り組みの1つであるクラウド化の推進によって必要になったのが「特権ID管理」だ。

 同社では従来も特権IDは定期検査で管理していたが、クラウド化でセキュリティの境界がネットワークからIDに変化したのを機に、セキュリティとガバナンスの強化を目的に「特権者管理基盤」も構築することになった。ツール選定では、多様なシステムに対応し、導入も容易で、既存システム/ネットワークを変更する必要がない、ある製品が採用された。

 これにより構築された特権者管理の仕組みは、AWS(Amazon Web Services)、Microsoft Azure、オンプレミスにまたがる大規模なもの。完成後は、特権IDを持つユーザーの行動を100%追跡でき、緊急対応も可視化されるなど、多くの効果が生まれているという。本資料では、同社のDXを支えるセキュリティ基盤となった特権ID管理の全貌を、詳しく解説する。