IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

arcserve Japan合同会社

事例

arcserve Japan合同会社

新たな仮想化システム基盤を無停止バックアップで構築、ICUはどう実現した?

新たに仮想環境を導入したICUは、バックアップの長時間化やバックアップ実行時のシステム停止による利便性低下、サーバの容量不足など多くの課題を抱えていた。そこで同大学が導入した、ある専用アプライアンスがもたらした効果とは?

コンテンツ情報
公開日 2021/01/27 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 4ページ ファイルサイズ 494KB
要約
 国際基督教大学(ICU)では、東日本大震災を契機に仮想環境を導入した。学内に点在する物理サーバを大幅に削減し、システムを二重化することでBCP対策の強化も実現した。しかし、バックアップ時には都度システムの停止が余儀なくされ、学生や教職員の利便性を阻害していた。また、サーバの容量不足も懸念されていた。

 そこでICUは、仮想化基盤の再構築とともに、バックアップ体制の見直しを決意する。基盤には、サーバの内蔵ディスクを共有ストレージ化するハイパーコンバージドインフラ(HCI)を採用し、冗長性と拡張性の向上を目指した。一方バックアップについては、エージェントレスかつ無停止での取得、容易なジョブ管理、リストア/復旧までの時間の明確化などを要件に、ソリューションを選定した。

 ICUはバックアップ専用アプライアンス製品を導入することで、仮想マシンの構成を変更せずに新仮想化環境への移行を実現、学内システムが24時間365日使えるようになり、バックアップ時間も1時間から3分に短縮されるなど、多くの効果を発揮している。本資料では、同製品の実力を詳しく紹介する。