IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

エヌビディア合同会社

Webキャスト

エヌビディア合同会社

シンプルに理解、CPU負荷を抑えてテレワークを快適にする仮想GPU搭載VDIの実力

「最低限動けばよい」という考え方の基で構築されてきたテレワーク環境は、全面的かつ長期的なテレワークが求められるいま、パフォーマンス面で限界を迎えつつある。そこで注目したいのが、仮想GPU(vGPU)を搭載したVDIだ。

コンテンツ情報
公開日 2021/01/25 フォーマット URL 種類

Webキャスト

ページ数・視聴時間 2分17秒 ファイルサイズ -
要約
 VDI(仮想デスクトップ)によるテレワーク環境の整備は、かねてから多くの組織で推進されてきたが、全世界的なビジネスやパンデミックなど状況の激変により加速している。ただ、テレワークという働き方が当たり前のものになるにつれ、パフォーマンスに不満を抱えるユーザーが顕著になっている。

 その背景には、従来のテレワーク環境が「最低限動けばよい」という方針で構築されてきたことがある。現在のように全面的かつ長期的なテレワークが求められる状況では、従来の要件では十分ではない。グラフィックス性能が求められるモダンOSの動作は遅くなり、ワークステーションユーザーはそもそもテレワークの対象外となってしまっている。

 そこで本コンテンツは、テレワーク環境におけるパフォーマンス不足の解決策として、仮想GPU(vGPU)を搭載したVDIを紹介している。サーバに搭載した高性能GPUを仮想的に分割して複数台のVDIで利用、CPU負荷を20~60%も削減し、ユーザー体感を34%向上が可能となる。製造業、自動車、建築、エネルギー、金融、教育、ヘルスケア、メディア&エンターテインメントなど、全ての業種や業務でテレワークを実現「NVIDIA vGPU-VDI」が生み出すメリットを確かめてほしい。