IT製品導入に関する技術資料を多数掲載 ホワイトペーパーダウンロードセンター
  • @IT
  • ITmedia エンタープライズ
  • ITmedia マーケティング
  • TechTarget
  • キーマンズネット

Vonage Japan合同会社

事例

Vonage Japan合同会社

集中治療の待ち時間を10分削減、奇美医院の医療体制を改善したAPIの実力とは?

心臓発作など緊急対処が必要なケースも、医療スタッフへ通知を手動で送信して医師などを手配していたことで、対応の遅れが危惧されていた奇美医院。治療が1秒遅れるごとに高まるリスクを解消すべく、同医院が導入したAPIの実力とは?

コンテンツ情報
公開日 2020/12/28 フォーマット PDF 種類

事例

ページ数・視聴時間 2ページ ファイルサイズ 2.27MB
要約
 台湾の雲林・嘉義・台南エリアを中心に、高品質な医療サービスを提供する奇美医院。同医院では300万人以上の患者を抱えているが、従来は心臓発作など緊急対処が必要なケースでも、医療スタッフへ通知を手動で送信し、医師などを手配していた。しかし、重症患者の場合は治療が1秒遅れるごとにリスクが高まるため、この体制を改善することは不可欠だった。

 そこで同医院が採用したのが、患者の危険な兆候を医療スタッフが発見した際、モバイルデバイスのアラートボタンを押すと、医師に向けて音声合成によって緊急アラートが発信されるようになる「コミュニケーションAPI」だ。これにより、治療の待ち時間を平均で10分短縮した他、スタッフの生産性も最大で15%向上したという。

 さらに同医院では「ビデオAPI」も導入し、医師間のビデオ協議や、患者やその家族とのリモートでのコミュニケーションも実現するなど、大きな成果をあげている。IT技術を取り入れて革新的な医療サービスの提供を目指す同医院の取り組みを、本資料で詳しく見ていこう。